自営業住宅ローン審査の必要書類を揃える

自営業の住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。

自営業の住宅ローンの金利をわけると変動金利もしくは固定金利があります。

どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行から薦められる事はありません。

基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。

また、金利のタイプによって審査が違ってくる。

と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。

どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

いずれは住宅ローンを組んでマイホームを購入する方は、確認しておくと安心なポイントをご紹介します。

最初で最後の大きな買い物になるかもしれません。

ですので低金利だからといってそれだけで選ばないで下さい。

おすすめとしては、実質返済すべき金額を見る事です。

いくら金利が安くても保証金や事務手数料がかかると、しまいには、返済する金額が増えていたという事もあるからです。

また金利の変動によるメリットやデメリットも合わせて、将来設計も立てながら全体的に見て検討してみましょう。

実際に利用している方の評判も参考にしてみて下さい。

自営業の住宅ローンを組もうと思ったらまず、まずはローンをどこの金融機関にお願いするか決めないといけません。

ネットバンク・労金・銀行など自営業の住宅ローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。

借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

店舗がない分、経費がかからないので金利が低いのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方にピッタリの自営業の住宅ローンです。

住宅ローンと一言で言っても何種類もの商品があり、どこの会社の商品を選べば良いか分らない、決めきれずにいる方が非常に多くなっています。

そんな時に専門のアドバイザーに相談して、融資を受けるというやり方もありますが無料ではありません。

これ以外にもこれからずっと支払いをしなければならないので、相談料を支払ってまで意見を聞きたいという方は少ないようです。

中には仲介になってくれる方がFPの資格を持っている事もあり、専門の方に無料で相談する事も出来るのです。

まずは自分でもいくつか下調べをしてみると良いですね。

仮に自営業の住宅ローンを返金している最中に、失業したらその後の返済はどのようにしていけば良いのでしょうか。

何があるか分らないので、把握しておきましょう。

一番は、慌てずに焦らず今の状況を確認しましょう。

会社側の都合で辞めることになったのか、それとも自分なのか?この理由によって退職した場合の給付金が変わるからです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので優先順位を考えて行動するようにしましょう。

自営業の住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。

自営業の住宅ローンは最長35年という長い月日の返済になりますので、審査はとても厳しく行われます。

審査結果が出るのは約1週間後です。

結果は電話もしくは口頭で伝えられます。

審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。

審査に通ると、本契約に移ることができます。

契約時には指定された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。

諸費用は借入する額によって変わってくるので、事前に銀行側から指示されます。

たいていの場合、数十万~数百万単位の金額が指示される様です。

一生の中で最も高い買い物とも言える住宅ローン

だからこそ、多少なりとも費用を安くしたいと思うのが当然です。

そんな訳で、少しでも手数料が安い安心できる知っていると得するお勧めの銀行をご案内します。

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

こちらは、圧倒的な金利の安さで注目を集めており、それにローン契約をしている方の特典としてイオンでの買い物が、5%も割引されるお得な特典が付いてきます。

また繰り上げ返済時の手数料も無料なのも、人気の秘訣です。

気になる銀行があれば、比較してみましょう。

将来、新築か中古の物件を購入しローンを予定されている方はまず完済までに何年の返済期間で申込むのか考えましょう。

普通は、25年や35年といった決まった期間で申請するのですが実際にこの期間までかかる方は少ないです。

多くの方が、10年以内に返済することを目標としています。

ボーナスなどのまとまったお金を返済に充てるのであれば、繰上げ返済時の手数料が0円の銀行を選ぶとお得です。

目の前の生活だけでなく、今後の見通しも検討した上で日々の生活が圧迫されないような金額設定が大事です。

直接、スタッフに相談して決めるというのもお勧めです。

今後、自営業の住宅ローンを利用する予定のある方、利用中の方も誰でも聞くだけで10年後に得するかもしれない是非試して頂きたい節税の秘訣をご紹介したいと思います。

年間で約30万円も差が出るかもしれない方法ですので、気付いた今からでも申請可能か問い合わせてみましょう。

対象となる方は自分が住むために新しく家を建てた方で、もしくは今お住まいの家を増改築した方が当てはまります。

更にローン期間が10年以上である事が必要条件になります。

これ以外にも条件が決められているので、再度確認した上で今より節約できるとこれからずっと楽になるでしょう。

新しい家を購入したいけれどもそれほど余裕がない、そういった方には、安い中古物件の自営業の住宅ローンはどうでしょう。

ただ、これはしっかり調べて確認しておく必要があります。

一番は、借りたお金を返す期間が短い点にあります。

その理由として古い物件なので耐久力が劣っている場合が考えられ出来るだけ早く返済をしなければならないのです。

安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと予想外に負担が大きくなってしまう可能性も考えられます。

綺麗に改装してから住みたいという方は、その分の費用も加算してどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

マイホームの資金調達として役立つ住宅ローン受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。

申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。

やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。

それにより、確実に通る。

といった様な簡単なものではありません。

不合格になってしまう人もたくさんです。

一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上これが最低クリアしなければいけないラインと言われています。

利用者の多い住宅ローンで検討中という方もいますが、それよりも固定金利か変動金利かで迷っている方が多数なのです。

なぜなら、固定であれば毎月同じ金額を返済すれば良いので気になった時に、返済額を確認出来るという利点があるからです。

ただ変動の場合はその時の景気によって大きく左右される為、全部でいくら返せば良いか明確には分らないのです。

にも関わらず、低金利時代をいわれる今の時期はおよそ4割の方はこちらを選択しているという結果があります。

これからの金利がどうなっていくのかも予測しながら、後悔しない納得のいく選択が出来るように努めましょう。